三木駅(KB53)

粟生線

 1.42㎞ ←大村 三木上の丸→ 0.72㎞   


全列車が停車します。



1938年の美嚢川橋梁完成に伴い、「三木福有橋」駅として開業しました。1954に「電鉄三木」駅に改称され、1988年に現在の「三木」駅に改称されました。

同じ三木駅ではありますが、廃線となった旧国鉄・三木鉄道三木線の駅との間にはかなりの距離があります。

 

2001年の4両編成対応工事により、構内踏切を撤去したため上下線でホームは分断され、上り線側に駅舎が新設されました。


2018年3月4日夕方に駅周辺で起きた火災で下りホーム側駅舎に燃え移り、1時間45分後に鎮圧も全焼。

 

現在福有橋は「ふくゆうばし」と呼ばれていますが、開業当時の地図には平仮名で「みきふくありばし」と書かれています。

福有橋の名前は現在も駅前の薬局、バス停などに見られます。


2番線の裏に設置されているトイレは5000系を模したつくりになっています。



詳細

三木(KB53)

みき MIKI

 

営業開始…1938.01.28

住所………〒673-0403 三木市末広1丁目1番35号

標高………36m