粟生線車窓ガイド


神戸市内区間(鈴蘭台→押部谷)

粟生線の旅は神鉄一の規模を誇る鈴蘭台駅から始まります

鈴蘭台駅を出発するといきなり左へカーブしながら50‰の急勾配を登ります。

小部トンネルを抜ければ鈴蘭台西口駅に到着。駅構内に50‰の勾配標があり、線路が駅構内で馬の背のように反っている珍しい駅です。また、粟生線内で最も標高が高い駅でもあります

その次の西鈴蘭台駅は粟生線で最も新しい駅です。駅周辺にはニュータウンが広がり、多くの乗客がここで乗降します。

2駅間続いた単線区間も一旦終わりここからは複線となります。

西鈴蘭台駅を出ると一気に下り藍那駅に到着。駅周辺には家も少ないため利用者は非常に少ないです。この駅から単線になります。

藍那駅を出発すると線路脇にスペースがあり、それが終わると同時に廃トンネルのようなものが見えます。これは後述の複線化工事の用地であり、(この写真には写っていませんが左手に見える)トンネルはかつて使用されていたトンネルで複線化の際に再び使用されるものと思われます。

しばらく森の中を進むと、列車は川池信号場に差し掛かります。ここから比較的長めの複線区間となります。このポイントはダイヤ作成上でネックとなっているため、藍那~川池信号場間の複線化工事が継続中ですが長らく進展はありません。

複線区間をしばらく行くと木津駅に到着。神戸総合産業団地に面しています。また、サントリーレディスオープン(ゴルフ)開催時にはシャトルバスが運行されるためそれに合わせて急行列車が臨時停車します。

木津駅を出発するとすぐに右手に小屋が見えます。これは見津信号場で、奥に見える見津車庫の出入庫のために機能しています。設置された当時は見津信号場以東が複線だったため現在の川池信号場のような機能も果たしていました。

木幡駅から志染駅までは県道22号線と並んでいて住宅も多くなります。(写真は栄・押部谷間)

 

栄駅付近では駅南西にニュータウンが広がっていて、現在も少しずつではありますが広がりを見せています。

栄〜押部谷駅間は比較的高規格な複線区間が続きますが押部谷駅から先は全区間単線となります。また、ラッシュ時間帯には一部列車の終着駅としても機能します。

三木市内区間(緑が丘→大村)

押部谷駅を出発すると50‰の急勾配を駆け上がり三木市へ。

登り切った先には緑が丘駅があります。

 

1950年に開設された比較的新しい駅で、駅北側には志染駅あたりまでニュータウンが広がっています。

次は広野ゴルフ場前駅

その名の通り広野ゴルフ場の前にあり日本オープンが行われた際には臨時列車が運行されました。

 

粟生線(当時は三木線)の開業当初の終着駅でもありました。

立ち並ぶ住宅や飲食店を横目に進むと、右側に一線線路が見えてきます。

これは留置線で2編成8両まで停車可能です。 

 

土休日ダイヤでは4両1編成が終日留置されています。

列車は志染駅に到着。

昼間は毎時4本中3本がここで折り返して新開地行きになるため志染駅以西は毎時1本となります。

 

鈴蘭台以西で粟生線唯一の駅員常駐駅です。

50‰の急勾配を下り恵比須駅へ。

恵比須駅の駅舎は2002年に改築されたもので、近畿の駅百選にも選ばれています。

 

また、駅のそばには日本標準時東経135度(子午線)が通っていて碑も建てられています。

さらに下り三木上の丸駅へ。

「三木の干殺し」の舞台として有名な三木城址のそばにあり、副駅名にもなっています。

駅舎はとてもレトロな建物で、ホームの屋根にもレールが使われていたりします。

 

隣の恵比須駅とともに市役所、図書館などの多くの市の施設の最寄り駅とされています。

三木上の丸駅を出発すると、列車は車体を大きく傾けながら美嚢(みのう)川を渡ります。

 

この美嚢川橋梁はただでさえ珍しい「カーブしている橋」、「勾配がある橋」という特徴を両方兼ね備えています。

美嚢川を渡ると三木駅

4両編成に対応した際に1・2番線ホームが分断されました。

 

また改札外の2番線(上り)ホーム裏には5000系を模したトイレが設置されています。

住宅の合間を縫って大村駅に到着。

 

この駅は神鉄の駅で唯一駅名標のデザインが異なっていて、通常の青地に白い文字で駅名などが書かれたものではなく白地に黒い文字のものとなっています。

小野市内区間(樫山~粟生)

大村駅を出発すると登り、下りともに50‰の急勾配を有する峠(通称:大村坂、大村峠)を通過します。

 

土砂崩れの頻発する箇所でしたが、法面をコンクリートで覆うなどの対策が取られたため近年は土砂崩れも発生していません。

そして列車は樫山駅へ。

 

育ヶ丘というニュータウンが駅周辺に存在し、駅前ロータリーからは北播磨総合医療センターへの無料シャトルバスも出ています。

次の市場駅に到着する前に前方をよく見ると、右側にスペースがあります。

これは市場駅が1面2線だったころの名残です。現在はホームの4両編成対応工事で少し見えづらくなっています。

 

また、旧貨物線を活用して保線、車両搬入・搬出基地としても機能しています。

ここからまた坂を駆け上って小野駅に到着。

 

留置線が存在し、通常は1編成が留置されます。


またも50‰の急勾配を下ってしばらく行くと葉多駅に到着。 

 

春にはレンゲが咲き乱れ、夏から秋にかけては稲が植えられているため撮影地としても有名です。

葉多駅を出発して田畑の間を行くと列車は加古川橋梁へ。

橋梁の粟生方には勾配がついており、橋梁を渡り切り粟生踏切にさしかかるあたりではなんと50‰にも達しています。

粟生踏切と、神鉄で最小半径(165m)のカーブを越えるとJR加古川線と並走し粟生駅に到着します。

JR西日本が所有する駅に乗り入れるような形での運行です。

 

スルッとKANSAIの導入による改札分離のため現在の新ホームが使用されています。