1370形(元デ1320形)

1975年~1979年に中間電動車デ1320形として製造されました。その後1996年~1997年に先頭車1370形に改造されたため、デ1350形とは違って前面運転台と客用扉の間に手すりがあります。


編成表

(←粟生    鈴蘭台→)

現有車両

 

1373-1374-1375-1376

 

廃車

 

1371-1372

 


※ⅰ2016年4月現在

※ⅱ改造前の車番は現在の車番-50


1376F(1376F+1374F)

1376F・1374Fから成る4両固定編成。

パンタグラフの設置位置がそれぞれ神戸方に偏っている(所謂「前パン」)ため、架線の張られていない市場駅の車両搬出入線での新車搬入・廃車搬出の際にはこの編成が牽引することが多くなっています。2017年9月に種別・後部標識灯がLED化されました。

1376F(1979年製・1997年改造)

デ1325・デ1326を先頭車化した編成。

改造にはデ1305・デ1306の先頭部がそれぞれ流用されました。種車が既存のデ1320とは大きく異なる車両であったこともあり、1374-1373とは多くの相違点を見ることができます。1375には連解装置の操作盤が残っています。

2017年9月に標識灯・尾灯がLED化されました。

□標識灯・尾灯LED化後□

1376F

準急 新開地行き

2017.09.30

有馬線 鵯越


1374F(1976年製・1996年改造)

デ1373・デ1374を先頭車化した編成。

改造にはデ1057・デ1058の先頭部が流用されました。1373には連解装置の操作盤が残っています。この車両のみ操作盤が緑色に塗られているのが特徴です。

2017年9月に標識灯・尾灯がLED化されました。

■標識灯・尾灯交換前■

1376F

快速 粟生行き

2016.06.10

有馬線 長田