デ1300形(廃形式)

1971年から製造された片側2扉、2両編成の車両がデ1300形です。

デ1000形(1965~1995年)と似た姿ですが、回生ブレーキが搭載されておらず、パンタグラフも偶数車の新開地寄りに1基のみとなっている点に相違が見られます。

このデ1300形は1973年までに5編成10両が製造され、2+2の4両編成のほか、5両編成の増結車としても活躍し、1995年に5000系が増備されると4編成8両(1301〜1308)が廃車、残る1編成(1310-1309)が増結車予備として残存しましたが、数奇な運命を経て冷房取り付け、デ1350形1362F(デ1361-デ1362)と編成を組んで4両固定編成化、その他諸々の改造を受け2015年まで活躍しました。

編成表

(←粟生    鈴蘭台→)

 

デ1301-1302

1303-1304

1305-1306

1307-1308

1309-1310

 


デ1320形改造時の部品流用

デ1320形を先頭車化改造する際にデ1300形4両・デ1050形2両から車両先頭部が流用されました。

・1372F(1371-1372)

デ1321 + デ1303の先頭部 → 1371

デ1322 + デ1304の先頭部 → 1372

・1374F(1373-1374)

デ1323 + デ1057の先頭部 → 1373

デ1324 + デ1058の先頭部 → 1374

・1376F(1375-1376)

デ1325 + デ1305の先頭部 → 1375

デ1326 + デ1306の先頭部 → 1376

1372F(1371-1372)は1310F(デ1309-デ1310)とともに2015年3月に廃車されましたが、1376F(1375-1376)は1374F(1373-1374)と固定編成化され1376F(1373-1374-1375-1376)として現在も運行されています。

→1372Fの廃車についてはこちら

→1376Fの現在の様子はこちら

1310F

他のデ1300形車両の廃車から20年に亘って運用されましたが、2015年3月下旬に1352F(1371-1372-デ1351-デ1352)と1310F(デ1361-デ1362-デ1309-デ1310)の間で行われた編成組み換えによって余剰となり、1372F(1371-1372)、休車となっていたデ1125とともに31日付けで廃車されました。

1310F+1362F

急行 新開地行き

2015.01.14

小野~葉多