デ1070形

1974年~1976年に製造された両運転台車両。3両編成に増結し4両編成とするために6両が製造されました。

デ1071〜デ1073は非冷房のまま廃車され、冷房化されたデ1074〜デ1076はデ1100・サ1200形かデ1150・サ1250形と固定編成化されました。そのため本来の増結車としての役割は失っています。

デ1076は神鉄初の冷房化改造が行われた車両です。

また、デ1071は神鉄最後の非冷房車両で、この車両の廃車により2009年に神鉄の冷房化率は100%を達成しました。


編成表

(←粟生    鈴蘭台→)

現有車両

 

デ1075(-デ1113-サ1206-デ1114)

デ1076(-デ1153-サ1252-デ1154)

 

廃車

 

廃車はこちらのページをご覧ください


デ1071

デ1072

デ1073

デ1074

 


※2016年4月現在


4両編成(+デ1100形・サ1200形)

1075(1975年製)

デ1075はデ1070形のうち、マイナーチェンジを受けた第一号で、車外スピーカーが縦10列のものから縦6列のものへ変更されています。10"75"だけに19"75"年製造と覚えると分かりやすいですね。この車両は比較的近年冷房改造された車両なので、パンタ脇ランボード側面に覆いがついている他、避雷器から伸びるアース線が空気管の下を通ってる、屋根全体が塗り屋根になっているなどの特徴があります。また、運転台撤去跡は中間車の塗り分け、前照灯の縁は平らになっていながら乗務員扉跡の手すりは短いものが残されています。

1114F

急行 志染行き

2017.03.16

広野ゴルフ場前~志染


4両編成(+デ1150形・サ1250形)

1076(1976年製)

デ1076はデ1075に続くデ1070形のマイナーチェンジ車で、神鉄初の改造冷房車として有名です。なんと最後に冷房改造されたデ1075と約20年もの差がありますが、改造内容にほぼ差はありません。デ1075との屋根の差は貼り屋根であることと避雷器から伸びるアース線が空気管をオーバークロスしていること、パンタ脇のランボード側面に覆いがないことぐらいです。このデ1076の形態的特徴は、運転台撤去部分の前照灯のヘリは平坦になっているものの、帯が先頭車と同じタイプになっている点です。この2つの特徴をもつ現役車は1076-1153のみで、独特の形態といえます(かつて1071〜1073が同じ形態だったがこの3両は転落防止幌が無かった)。また、運転台の残る粟生側も、足掛けが運転台側のみで、助手席側には無いなど、表情も少し異なります。2017年9月に標識灯・尾灯がLED化、2018年3月にリニューアルが行われました。

□標識灯・尾灯LED化後□

1154F

普通 小野行き

2018.03.13

木幡